ライフストック|情報サイト

普段の生活にストックしておきたい知識まとめ。

ソフトウェア

iTunesのダウンロード方法、便利機能まとめ


スポンサードリンク


今やAppleユーザーだけではなく、Windowsユーザーも利用するようになったiTunes。iphoneを利用しているから必然的にiTunesも必要になる、だから利用している。というわけではなく、アンドロイド使用者も利用しているようですね。

そこでここでは、まだiTunesをインストールしていない方のためにダウンロード方法や便利機能の使い方をご紹介していきます。

ダウンロード方法、インストール方法は

まずはAppleの公式サイトへアクセスしてください。
ガーっと下へスクロールしていき、フッターナビの「iTunes」をクリック。右上に「ダウンロード」という青色のボタンがございますので、そちらをクリックしてください。

左側のチェック項目がございますので、そちらにチェックを入れメールアドレスを入力。すぐ下にある「今すぐダウンロード」というボタンを押せばダウンロード、インストールが始まります。

便利機能、つかっておきたい機能まとめ

プレイリストを利用しよう

使っておきたい機能その1はプレイリスト。
自分好みのアルバムを作れ、そのアルバムごとに管理できる、という表現が正しいでしょうか。「洋楽」「邦楽」「ロック」「せつない系」などジャンルごとに作ることができます。もちろん歌手ごとなどにも分けることができますので、ここは管理の上でも使っておきたい機能ですね。

「あれ?あの曲どこにあったっけ?」
というあるあるがなくなります。

CDも作れちゃいます

これ、結構知らない人が多いですが、iTunesはプレイリストからCDだって焼けちゃうんです。

まずPCのドライブに空のCD-Rを挿入。
その際にiTunesより注意項目が出てきますので、OKボタンをクリック。CDにしたいプレイリストを右クリックし、「プレイリストからディスクを作成」をクリックします。

ディスクフォーマットの部分はオーディオCDを選択し、「ディスクを作成」というボタンをクリック。これで作成が開始します。

着信音だって簡単に作成できます。

こちらはiPhoneユーザー限定となりますが、着信を簡単に自作することができます。

まず、着信音にしたい曲を右クリック。「情報を見る」をクリックします。曲の情報が出てきますので、「オプション」というタブをクリックしましょう。着信音の「開始時間」と「停止時間」を選択することができます。自分の好みの位置に合わせましょう。

こちらが完了したらまた曲を右クリックし、今度は「AACバージョンを作成」というのをクリックします。すると選択した時間の曲が作成されます。最後にその曲の拡張子を「.m4r」に変更し作成完了。iPhoneと同期をすれば自作の着信音を利用することができます。

 

いかがでしたでしょうか。
ほんの少し便利機能を紹介しただけでしたが、その魅力に引かれた人も多いのではないでしょうか。楽曲や動画などをApple Storeで購入しない限りは無料でできますので、まだインストールしていない方はぜひ!